ブログ

カタログ請求こちらから
笑顔が増える整理収納のおはなし
『捨てられない・・・』から一歩抜けだす方法
2021年9月16日( 木)

『モノを減らしたくて・・・捨てようと全部出してみたんですけど、10分の1しか捨てられず、残りはまた元に戻したんです。捨てなきゃと思っているけど捨てられなくて・・・』

先日こんなお悩みを伺いました。

同じような経験のある方、いらっしゃいますか?

 

 

今でこそわたしはモノが少なくなりましたが

元々はモノが多く、捨てられない人でした。

なので気持ちがよくわかります。

捨ててしまう自分がなんだか冷たい人間のようにも思えてしまう。

まだ使える物を捨てるなんてばち当たりな・・・

などマイナスな思いでいっぱいになるものです。

 

 

結論!【無理して捨てなくてもいい】です。

今向き合った方が良い問題は、実は捨てるか?捨てないか?ではなく

①住空間や収納が使わないモノで圧迫されている

②それが気になってスッキリした気持ちで暮らせない

この2つだったりします。

 

 

なのでまずは・・・

捨てる?捨てない?の二元論から抜け出し、

迷うモノは一旦別の場所に期限付きで保管をします。

そして必要な収納スペースを空ける。

これをするだけで、①②がひとまず解消されるので

日々の生活が少しまわるようになっていきます。

そして今より心地よさを感じると気持ちに変化が現れてきますので

迷っていたモノを新しい視点でとらえることができるようになっていきます。

 

 

大事なことは、今。

かけがえのない、今。

よくこのことを忘れてしまう私は

『思い出し後悔』をしたり

『起きてもいない未来の心配』ばかりしがちです(泣)

なのでそんな時は

『おっと・・・!また【今】にいなかった!戻ろう・・・』

と無理にでも意識を向けるようにしています(笑)

 

 

 

『捨てられない・・・』も、過去と未来に意識が向いています。

わかってはいることで、でもなかなか難しいことですが、

今を意識して

今を健やかに過ごしていきたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

Profile
収納アドバイザー
横山 恵美
(よこやま えみ)
Message

住環境は思考、行動の基盤となり、健やかに暮らすための重要な鍵だと思っております。住宅が建てて終わりでなく、掃除や点検が必要なように、整理収納も【一度整えて終わり】ではなく、ライフステージが変わり、価値観が変われば、合う収納も変わっていきます。【生きている限り付き合うもの】です。家事をラクにして、自由な時間を増やす。家族一人一人が自分のことは自分でできるようになる。そんな環境を整えることで自分と家族の笑顔が増え、心身ともに健やかに過ごせるのではないかと思っています。住んでいる実感と、整理収納からみなさまのおうちづくりをサポートします。