ブログ

カタログ請求こちらから
笑顔が増える整理収納のおはなし
収納選び、気を付けたい2つのお話
2021年3月31日( 水)

新生活が始まる季節。進級・進学・就職。おめでとうございます。

新生活にそなえて、収納選びをしている方も多いと思いますので、選ぶ際に気をつけたい2つのお話をしようと思います。

 

 

①生活スタイルが変わっても、人が変わっても使える収納用品を選ぶ

わたしはアドバイザーになる前は、その時必要な収納用品をその時の気分でなんとな~く選んでいました。色もさまざま。【選ぶ基準】をもっていなかったので、ちぐはぐな収納用品ばかりで、なんとな~く使いづらかったです。

そんな経験と、お客様の現場に伺って実感することは、長く使える収納用品を選ぶ大切さ。基本的にはどこでも使えそう物を選ぶ。どこでも使えそうな色を選ぶ。だれでも使えそうな物を選ぶ。よく使うモノの大きさは、ある程度決まっています。それらにあう収納用品を選ぶと、たいていはカバーできます。

②収納に完璧はない

収納は、一度完成して終わり、ではありません。季節ごとにも変わったほうがラクな収納もありますし、進級・進学・就職・転職・引越しなどライフステージの変化で変えたほうがよい収納もあります。生活は変わっているのに収納だけずっと同じ、では使いづらくなってしまいます。

そして、インスタなどの影響で【キレイな収納】を目指し、完璧を目指しすぎるあまり使いづらくなってやめてしまった、ということも最近は増えているようです。【キレイな収納】にいいことはたくさんあります。しかしながら収納で大切なことは、生活が快適になるようにサポートしてくれるかどうか?です。キレイを崩したほうが生活がラクになることも結構多いものです。

柔軟に変更できるような収納になってるかな?崩すことをためらうようなこだわりがないかな?と一度確認してみるのもいいですよ。

 

収納は、生きている限りずっと付きあうものです。ずっとずっとお世話になります。だからこそ、がんばるものではなく、ラクに付き合っていく。

こだわりすぎず、でもポイントはおさえて付き合っていきたいですよね。

 

Profile
収納アドバイザー
横山 恵美
(よこやま えみ)
Message

住環境は思考、行動の基盤となり、健やかに暮らすための重要な鍵だと思っております。住宅が建てて終わりでなく、掃除や点検が必要なように、整理収納も【一度整えて終わり】ではなく、ライフステージが変わり、価値観が変われば、合う収納も変わっていきます。【生きている限り付き合うもの】です。家事をラクにして、自由な時間を増やす。家族一人一人が自分のことは自分でできるようになる。そんな環境を整えることで自分と家族の笑顔が増え、心身ともに健やかに過ごせるのではないかと思っています。住んでいる実感と、整理収納からみなさまのおうちづくりをサポートします。