ブログ

カタログ請求こちらから
笑顔が増える整理収納のおはなし
新築時の収納で大事にしたい2つのこと
2022年1月23日( 日)

今年最初のブログです。

微力ながらもお役に立てるような内容にしたいと思いますので

引き続きよろしくお願いいたします(^^♪

 

 

 

今回は新築の収納を考えるとき、わたしが大切にしている

2つのことをお話しようと思います。

①新生活スタート後、なるべく収納用品を『買い足さなくてよい』状態にする

②10年後、20年後、30年後、ライフステージが変わっても

なるべく対応できるよう『自由度』を残しておくこと

です。

 

 

 

こう思うには理由があります。

訪問片付けサービスに伺うと、

収納が苦手な方ほど大・中・小さまざまな収納用品で

ごちゃごちゃしていたりします。

そしてその収納からモノがあふれだし

床にモノが置かれ、通路の妨げになったり

踏んづけたりぶつかったりして痛い思いをしたり、

解消しようとまた新しい収納用品を買い足して、

より空間が窮屈になったりしています。

 

 

 

そんな状況を解消して、作業終了後に不要なモノを捨てるのですが

かなりの確率で捨てることになってしまうのが・・・

大型の棚、プラ製5段引き出し、3段カラボなどです。

近所のホームセンターや通販で手軽に買えるものばかりです。

 

 

 

せっかく買っても

最後には捨てるという残念な結果になりがち・・・

ゴミ処分代が数万円とかかる場合もあります。

そして最近はゴミ処理の環境問題もすごく気になるところ・・・

 

 

 

これを防ぐにはどうしたらいいのか?

せっかくの新築であれば、

建てる前にじっくり収納計画をすることが大切だと思いました。

 

 

 

しかしながら、100%完璧な収納計画はありません。

なぜならライフステージ・ライフスタイルもどんどん変化するからです。

 

 

 

なので、せめて

①なるべく収納用品を『買い足さなくてよい』状態にして

②変化にも対応できるような『自由度』のある収納をおすすめしたいなと思うのです。

 

 

 

新生活後の空間のイメージを想像するのは

なかなか難しいかもしれませんが

SNSなどで失敗・成功談を見たり

周りに聞いたりすることもおススメですよ!

 

 

 

よい住環境になることをいつも応援しています。

Profile
収納アドバイザー
横山 恵美
(よこやま えみ)
Message

住環境は思考、行動の基盤となり、健やかに暮らすための重要な鍵だと思っております。住宅が建てて終わりでなく、掃除や点検が必要なように、整理収納も【一度整えて終わり】ではなく、ライフステージが変わり、価値観が変われば、合う収納も変わっていきます。【生きている限り付き合うもの】です。家事をラクにして、自由な時間を増やす。家族一人一人が自分のことは自分でできるようになる。そんな環境を整えることで自分と家族の笑顔が増え、心身ともに健やかに過ごせるのではないかと思っています。住んでいる実感と、整理収納からみなさまのおうちづくりをサポートします。