ブログ

カタログ請求こちらから
笑顔が増える整理収納のおはなし
衣替えで着たい服が見つからない人に共通する、たった1つのこと。
2020年10月20日( 火)

先週、急に寒くなった日がありましたね!

体調崩してはいませんか?

体調管理に大切な【衣類】。

あの服、どこだっけ・・・

 

 

 

衣替えのときに着たい服がどこいったかわからなくなっている方に

まずおすすめなのが、

お分かりかもしれませんが・・・服の『整理』です。

いつもいつも、整理のお話ばかりで

またっ!と思われるかもしれません(笑)

 

 

 

衣類の片づけに伺ったり、

お悩み相談を受けていてみなさんに共通していることは1つです。

『服があふれている』

ということです。

 

 

 

 

【だらしがない性格】だから、服がごちゃごちゃなんです・・・

とおっしゃる方や、思っている方もいるかもしれませんが、

実は性格のせいではありません。

【自分が管理できる服の量】を超えていらっしゃることが原因なんです。

 

 

いやいや、ズボラなんです・・・

と思う方、安心してください!

昨年のセミナーでもお話したのですが、

わたしはとってもズボラです(笑)

ズボラにはズボラに合った服の量があり、収納があります。

 

 

 

 

【自分が管理できる服の量】ってどうやって見つけるか?

 

 

・・・正解の量は、ないんですよね。

 

 

 

例えば、食事。

パスタ1皿でお腹いっぱいになりますか?

なる人もいれば、

足りない人、残してしまう人もいますよね。

(わたしはなりません。足りない・・・)

 

 

 

食べる量にそれぞれちょうどよい量があるように

衣類にも人それぞれちょうどよい量があります。

 

 

 

衣替えのたびに服を探している人は

ちょうどよい量を見つけられるよう、自分に質問してみます。

【着なくなった服はないかな?】

【忘れている服はないかな?】

 

 

 

これで必ず何枚か減ります。

ちょうどよい量がわかると、

管理がしやすくなって

衣替えのたびに苦労することがなくなり

楽になりますよ♪

スムーズに秋冬の服を着て、紅葉でも見に行きたいですね。

 

Profile
営業・設計
横山 恵美
(よこやま えみ)
Message

住環境は思考、行動の基盤となり、健やかに暮らすための重要な鍵だと思っております。住宅が建てて終わりでなく、掃除や点検が必要なように、整理収納も【一度整えて終わり】ではなく、ライフステージが変わり、価値観が変われば、合う収納も変わっていきます。【生きている限り付き合うもの】です。家事をラクにして、自由な時間を増やす。家族一人一人が自分のことは自分でできるようになる。そんな環境を整えることで自分と家族の笑顔が増え、心身ともに健やかに過ごせるのではないかと思っています。住んでいる実感と、整理収納からみなさまのおうちづくりをサポートします。