ブログ

カタログ請求こちらから
心地よい暮らしへ
モノと向き合う
2019年5月24日( 金)

「お子さんが着なくなった体操着を
部屋着にして着ているお母さんがいる」

こんな話を聞いて、
私は『えー、体操着を?!』と思いました。

モノと向き合うことは、
整理整頓の第一歩です。

①なぜこのモノを持っているのか?→使ってる?使っていない?
②モノの役割通り使っているか?

この二点を考えながら、
モノと向き合い、要・不要を区別します。

整理が苦手な人には、思考と行動のパターンがあります。

「壊れていないから捨てられない」
「欠陥がないから捨てられない」

私はまさに、壊れていないから・欠陥がないから
捨てられないタイプでした。

このモノ、本来の役割や目的とは違うけど
こうすればまだ使える~!
なんて、よく考えていました。

しかし!
モノにとって、本来の役割として使われることが
ベストな状態だと考えると。
「壊れてないから捨てられない(でも使わない)」
そんなモノの状態は、モノにとって不本意です。

お子さんの体操着を部屋着にしているお母さん。
言うまでもなく、体操着の本来の役割は部屋着ではないですね。
そして、体操着以外にも
タンスの中に部屋着として着ようと思っている服が
眠っているのでは…。

自分の思考と行動のパターンを振り返りながら、
毎日少しづつ、モノと向きあい
整理整頓をしていく私でした…。

Profile
設計アドバイザー
中山 亜希子
(なかやま あきこ)
Message

新潟県新発田市生まれです。
幼い頃から間取り図を見ることが好きで、建築に興味を持ちました。
大学卒業後、6年間大手ハウスメーカーの設計部に所属。
その後一棟一棟、お客様とじっくり向き合った空間デザインをしたい気持ちが強くなり入社。
子育て真っ只中のママ建築士だからわかることが多くあります。
家づくりに家事と育児を考えることは必須。
毎日が大変な奥様に少しでもお役に立ちたい設計をしたいです 。