補助金を使った家づくり、ご相談ください。

2022年も4月を迎え、新たな生活がスタートした方もいらっしゃるかと思います。コロナウィルスの感染拡大に加え、世界情勢の影響により建築資材の高騰が止まりません。各住宅メーカーも営業努力で施主様の負担を減らそうとしてきましたが、全体的な値上がりの流れは止めることができないかもしれません。

ここ数年の出来事で、建築資材は1年前と比べると2~3割値上がりしてしまっています。そして、今後の流れによっては更に値上がりする可能性もあります。一般的には、一度上がった価格は中々元には戻りません。家づくりをお考えの方にとっては、どのタイミングで決断をするのか、悩ましい問題かと思います。

しかし、悪いニュースばかりではありません。
様々な補助金を活用して、施主様の負担を減らす方法もあります。現時点でお話できる内容として、最大300万円の補助金情報があります。こういった2020年の住宅関連の補助金を活用し、資材の高騰分をカバーできるよう、千癒の家では積極的にサポートしています。

家づくりのタイミングをいつにするか…様々な都合があるかと思いますが、2022年は、4月から…というより、早めに動かれることをおすすめします。理由は補助金です。補助金の種類にもよりますが、予定額に達した場合に補助金の利用を打ち切る可能性もあるからです。これについては確定はしていませんが、補助金にも予算があるため、無限に募集するということはないかと思われます。

補助金の活用や、国がサポートする太陽光パネルの設置、2030年に向けたスマートハウスなど、家づくりの事情も様変わりしてきました。

今年家づくりをお考えの方皆様は、是非一度ご相談ください。

 

住宅の無料相談はこちらからお申込みいただけます。