ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
地震対策はどこまで
2013年12月5日( 木)

ご存じの通り、全国各地で地震が多発しています。

TVで地震速報が入っても震度3ぐらいでは、驚かなくなっていると思います。

しかし50年に一回と言われる地震が25年で4回も来ていますし、

震度6以上の地震に限定しても東日本大震災の後10回以上もきています。

有感地震は1日3~5回、マグニチュード7以上の地震は1年に1回はあるという

データもあります。いつでもどこかに大地震が起きても不思議では無い状況です。

最近、NHKなどのTVで、もし首都東京に大震災がきたら、もし東海沖大震災が

おきたらといった特集番組も多くやっています。

また地元でもハザードマップや避難場所などを積極的にアナウンスし、危機意識

を高めていることがはわかります。「天災は忘れた頃にやってくる」などと言いますが、

残念ながら忘れる前にやってくるのは確実だと思います。

ここ日本で建築という仕事をする以上、地震対策は万全でありたいと思います。

その地震対策でまず真っ先に行わなければならないのは、基礎です。

わいけいの家の基礎はW配筋高耐震ベタ基礎です。

このW配筋高耐震ベタ基礎は、その大地震を教訓として設計されています。

災害時にガソリンスタンドはいつも自衛隊の臨時基地になったり、ガソリンを

買うために何時間も車が並ぶ光景をニュースで見ると思います。

それだけガソリンスタンドは地震にも耐えうる構造となっています。

そのスタンドの基礎とほぼ同等スペックがこのW配筋高耐震ベタ基礎なのです。

IMG_2907.JPG

ちなみにこれが普通のシングル配筋。

Exif_JPEG_PICTURE

たしかに工事は大変ですが、いい家を建てても、基礎が強固でなければ意味がありません。

私たちはお客さまの生命と資産を本気になって考えています。

現在、西区で基礎工事中です。いつでも見学にきてください。

ご案内させていただきます!

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。