ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
セルロースファイバー
2013年11月6日( 水)

現在、新築現場でセルロースファイバーの施工が始まっています。

セルローズファイバーはわいけい住宅の家造りに欠かせないもので

新聞紙からできた内断熱材です。

生活をしていて最も心地よい温度、湿度はどのくらいでしょう。

人にもよりますが、温度がだいたい24℃で湿度が50~60%くらいでしょうか。

これ以上湿度が高くなると肌がべとつき、不快に感じてくると思います。

セルローズファイバーは湿度が高い場合、70~80%のときには湿気を吸い、

また湿度が低すぎるときには吐き出してくれる性質があります。それはなぜか?

セルローズファイバーとは、その名の通りセルローズ(木質)ファイバー(繊維)のこと。

木には天然の調湿性能が備わっているのです。

そのセルローズファイバーを柱と柱の間にパンパンになるまで吹き込んでいきます。

35坪のほどの家であれば1.5トン。

1.5トンのセルローズファイバーがどれくらいの湿気を閉じ込めておけるかというと、約9000kgです。

それだけの容量が確保できれば室内での結露はまず発生しません。

構造体も湿気から守られ、家も長持ちします。そして、結露を起こさないことにより、

家の中のカビや菌の繁殖を抑えてくれるのです。

その他、セルローズファイバーには防虫、調湿、断熱、防音、防火という効果があります。

しかしセルローズファイバーならなんでもいいわけではありません。

危険物質を含んでいる日本製セルロースファイバーも出回っています。

私たちはインサイドPCという、アメリカ安全基準の認定をとっている製品しか使いません。

そしてそのセルロースファイバーの吹き込み状況が確認出来る、構造見学会が今週末の日曜日

新潟市北区で行われます。詳しくはこちらです

毎回、参加者にはセルロースファイバーの圧倒的な充填にビックリすると言われています。

ご興味ある方は是非お越しください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。