ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
住宅ローン控除
2013年10月24日( 木)

住宅ローン控除という、払った税金が戻ってくるお話をします。

住宅ローンを組むと数千万円という大金を30年ほどの長い期間

毎月毎月ローンを支払わなくちゃいけません。

聞いただけでも大変です。

そこで、頑張って家を建ててローンを組んだ皆さんに特別に減税をしますよ。

という住宅業界では昔からあるポピュラーな国の政策です。

しかしその時代の住宅政策によって控除額も違いますから、もっとも

新しいお話をさせていただきます。

一般の住宅で簡単に説明させていただくと消費税増税後の住宅ローン控除は、

平成26年4月~平成29年12月までに居住した方で8%の消費税率が適用されている方については

借入限度額を4000万円とし、その借入金の年末残高の1%

(借入限度額4000万円×1%=40万円が各年度の控除限度額になります。)

が所得税から控除されます。3000万円なら30万円、2000万円なら20万円と

お考えください。また控除しきれなかった金額については翌年分の住民税から

一定額を限度として控除されます。控除は最大10年間になります。

4000万円で上限10年で400万円が戻ってくるとお考えください。

ただし、平成26年4月以降に入居された方の場合でも、平成25年9月末までに

契約をしたことによる経過措置の適用を受け5%の消費税率が適用される方につきましては、

借入限度額が2000万円で、その借入金の年末残高の1%

(借入限度額2000万円×1%=20万円が各年度の控除限度額になります。)

が所得税から控除されます。

控除しきれなかった金額については翌年分の住民税から一定額を限度として控除される点と、

控除の期間が最大10年間となっている点は同様です。

ちょっと専門用語ばっかりで、難しかったですかね~、すいません。

先日、ライフプランニングを確認して、消費税増税後でも逆に得する方もいました。

是非、弊社のファイナルシャルプランナーによる人生の家計設計をする

無料ライフプランニングをお奨めします。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。