ブログ

カタログ請求こちらから
限りなく現場に近い 設計ブログ
業務開始です
2013年8月18日( 日)

かなり長い休みを頂きしばらくぶりに家族行事とリフレッシュをさせて頂きました。

しかし、建築のことはかたときも忘れることはないようです。
車で走っていても周りの家を見ながら
「こんな屋根のかけ方いいなぁ」とか
テレビを見ていても
「こんな棚おしゃれだなぁ」など
好きなことは常に考えて生活しているようです。
そんな休みの中、テレビで放送されていた一本の映画を観ました。
こちら
内容は、家族関係がぎくしゃくしている家庭が
東京から田舎に引っ越し、茅葺の家に住むことで
家族関係が修復していくといったものです。
昔ながらの生活で不自由で不便なことも多いのですが
そのかわりに家族の繋がりが感じられます。
いろいろなものが普及しどんどん便利になっていく今の時代。
家族同士がなにかを協力し生活をするという
機会が少なくなっているというのはあるのかもしれません。
「手をかける」ことで家族の繋がりが生まれる仕組みも
住宅には必要なのかもしれないなぁ。
と、生活について考えさせられた映画でした。
業務がスタートし、休み中に感じたこと考えたことも踏まえながら
再スタートしていきたいと思います。
田中
Profile
設計・工務
田中 俊輔
(たなか しゅんすけ)
Message

昭和58年、新潟県阿賀野市(旧安田町)生まれです。
新潟の設計事務所勤務を経て、大きな建物より温かい気持ちの詰まった住宅に特化したいと思いわいけい住宅に入社しました。
学生時代東京都の設計事務所で勉強のために働いていた以外はずっと新潟と一緒に生きてきた生粋の新潟人です。
現在はわいけい住宅で建てた家に家族4人で暮らしています。
他県より気候に特徴がある新潟は雪や雨の苦労を熟知した家づくりが必要と思います。
新潟人特有の内向的な部分はありますが大切な事はしっかり伝え良いものを造っていきます。