ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
新型太陽電池の大型パネルで世界初の量産
2022年7月22日( 金)

中国で新型太陽電池の大型パネルで世界初の量産を始めた。

 

薄くて曲がる「ペロブスカイト型」と呼ばれるタイプで、製造コストは既存の3倍だが、将来シリコン型の半分まで下げられる可能性がある。

 

スマートフォンへの搭載を想定する。

 

日本で脱炭素化で太陽光ソーラー生産で中国が。。。。となる縮図です。

 

もともと日本人研究者らが開発した技術で、国内電機大手は新規投資に消極的なこともあり中国が量産で先行した形のようで、中国の企業が約16億円を投資して江蘇省で年間生産能力10メガ(メガは100万)ワットのラインを7月に量産を始めました。

 

40センチメートル、横60センチの量産に適した大型パネルを生産し、細かく切り分けて中国のスマホやタブレットメーカーなどに納入する。

 

2023年には2億元を投じ能力を100メガワットに拡大する予定。

 

新技術は09年に日本の桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授らが発明しました。

 

変換効率は現状で約10%とシリコン型の半分程度だが、壁や窓、車など様々な場所に設置できる優れもの。

 

工程が簡単で製造コストを下げやすく、脱炭素の切り札としてノーベル賞候補と期待されています。

 

センサー用など小型ではあったが、大型の量産は初めて。

 

太陽電池は京セラやシャープなど日本勢が得意としてきたが価格競争で採算が悪化し事業を縮小し、中韓国勢に開発の主導が移っている。

 

メイドインジャパンの太陽光パネルは、風前の灯火です。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。