ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
日本の「断熱性能の基準」は「世界最低レベル」
2020年10月8日( 木)

日本の大手住宅メーカーに対する信頼は比較的高い。

 

「あの会社が言っているのに、そんなに暖かくないなんてとんでもない」という感じである。

 

だが、実際、多くのハウスメーカーが「暖かいですよ」と言って建てる家は、そう暖かいわけではない。

 

一方で、きちんと暖かい家を作ることができる工務店は増えてきている。

 

つまり「暖かさのレベル」がいろいろと混在しているために、消費者は間違えやすいのだ。

 

少し考えてみましょう。

 

残念ながら日本の家の断熱性能の基準は世界に比べると著しく低い。

 

海外赴任から帰った日本人が、自国の質の低さにようやく気づき「日本の家の壁や窓がペラペラで、寒冷地でもないのに寒くて困った」という話を時々見聞きします。

 

また、隣の韓国や中国も、今や地球温暖化防止のために基準を年々上げている。

 

そのなかで断トツに低いのが、日本の断熱性能の基準、すなわち省エネルギー基準が低いということになります。

 

この常識は、日本の住宅業界に就業している方は当たり前に知っている事実です。

 

しかし、そもそも20年以上昔の1999年に定められた基準が「次世代省エネ基準」として、いまだに住宅業界で現役であること自体がおかしいのです。

 

しかも、この古い省エネ基準で作った家を「高断熱住宅」にしようという流れにもなっている。それほど優秀でもない住宅を、高断熱高気密住宅と呼んでいます。

 

だが、この住宅では今まで建てられてきた住宅の体感とさほど大きく変わらなく、営業マンは、このレベルを高断熱であると言い、消費者は「そこまで言うなら、そんなものかな」と納得させられてしまうのである理由が根本の問題であると感じております。

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。