ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
プラスチックと自然素材
2019年7月7日( 日)

地球規模で海洋プラスチック問題が問われる時代になりました。

 

石油から生まれたプラスチックの製品は、私たちの生活の中にすっかり浸透し、なくてはならないものになってます。

 

しかし、広く使われることによって、新たな環境への問題を生み始めています。

 

そして、プラスチックに代表される人工の材料は生活だけではなく、住宅そのものにも深く関わっています。

 

木材のように見えるものや、金属のように見えるものも、実は印刷され、メッキされたプラスチックであったりします。

 

プラスチックは加工が安易で、コストも安いので工業製品に向いています。

 

プラスチックにさまざまな生活品が取って代られたのも、わずか数十年ほどの歴史です。

 

プラスチック以前は、多くは自然の素材で作られていました。

 

木を削り、草を編み、土を固めて、石を削って作られたものです。

 

そして「本物」という言葉で、私たちはこうした自然の素材に愛着を感じているものです。

 

プラスチックで造った住宅と自然素材で造った住宅とでは、住んでからの居心地が違うことをご理解いただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。