地震に強い家づくり

新潟で安心して暮らせる耐震性

千癒の家は「安心」へのこだわりを妥協しません。地震に強い無垢材を使用し、全棟構造計算を実施しています。東日本大震災後、建築に使われる木材に対して品質・性能に関する信頼性がますます求められているなかで、千癒の家では安心して住んでいただける材料・技術を提供しています。

全棟構造計算

住宅の安全確保は何よりも優先されるべき

「住宅の安全性確保は何よりも優先されるべきもの」という考えのもと、千癒の家では全棟構造計算を実施。耐震強度を十分に満たした強靭な構造体を基本としています。
建築に使われる木材に対して品質・性能に関する信頼性がますます求められているなか、特に柱には圧縮強度の高いものを、梁には曲げ強度およびせん断強度の高いものを選んでいます。
そうして厳選したのが柱であればヒノキやスギであり、梁であればマツ材です。一般的に使われている構造用木材のなかでも圧縮強度、曲げ強度、せん断強度ともに優れた木材であり、より地震に強い家造りで皆様の安心と信頼にお応えしています。

ダブルストロング工法

地震に強い家の構造

設計制限を受けずリフォームの場合も対応しやすい在来軸組み工法、そして耐震という面では強さがあるツーバイフォー工法、それぞれの特長を生かしたものが千癒の家の工法となっています。
まず構造自体は在来軸組工法で行います。土台、柱、梁で組上げしっかりとした木造構造にします。通常の軸組み工法はそれに筋交いを施工するのですが、千癒の家ではツーバイフォーの強さを得るために、この構造材の外側に耐力壁としてパネルを張り詰め、なおかつ必要とされる部分には筋交いを施工します。
これで軸組みと壁工法の良さを合わせたことになり、地震に強い家の構造が完成します。

高耐震ベタ基礎

地震に耐えうる強固なベタ基礎

ベタ基礎は、ガソリンスタンドにも用いられている工法です。
地震大国・日本において、安心して暮らせる家づくりには地震に対する盤石な備えが不可欠です。千癒の家は、強固な基礎構造を実現するために「高耐震ベタ基礎工法」を採用しています。
ベタ基礎とは建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するもので、全体の鉄筋を配してコンクリートを打設しています。ベタ基礎に使うコンクリートは、引っ張りに弱いという特徴を持つため、上からの荷重ストレスがかかるとコンクリートの下部にストレスがかかり、割れてしまいます。逆も同様に、下からの突き上げの力が働くと上部にストレスがかかって割れます。そうしたコンクリートの我に対して粘り強くするためにベタ基礎には鉄筋が入っています。大きな地震などのストレスがかかると細い鉄筋だけではカバーしきれず、コンクリートは割れてしまいます。
そこで、上からの荷重と下からの突き上げの両方に対応するため、通常よりも太い鉄筋をより細かい間隔で配筋。
さらに耐震性を高めるため、地震や台風の際に建物が強いねじれの力を受けることから基礎には「コーナーハンチ」を施工し、耐震性を高めています。基礎の隅には強い負荷がかかるため、コーナー部を斜めに切ってコーナーハンチ(三角)を作ることで基礎の剛性を高めるという方法です。

EIFS(イフス)工法

米国で使用される湿式外断熱工法

イフス工法は1968年にアメリカで生まれました。特許と登録もされており50年以上の歴史ある伝統的な工法です。RC造の外断熱工法として日本に伝わり、21世紀に入り発泡プラスチック系断熱材を用いた外断熱が日本の住宅でも防火・耐震の法的にも使用可能になっています。
外断熱が話題になり、出来れば外断熱の住宅に住みたいと希望する人も増加しています。外断熱に関する関心は、省エネや防露など快適性を中心に他の外装材では決して出せない外観の意匠性もとても重要とされてきました。
米国の外断熱工法は、EIFS工法と呼ばれ、ひび割れや剥離・脱落・意匠性・軽量性・経済性などが問題となっていたスタッコ・モルタル・レンガ・プレキャストなどの商業ビル外装材に置き換えられる形で、この35年の間に急成長してきた。長い歴史の中で、EIFS業界と行政とが厳しい品質性能評価・検証の土台を築き、国民の理解を集めながら、民需主導でビル外装市場最大の新市場を作り上げてきた歴史があります。
日本国内でグローバリゼーションの流れに沿って、建築基準法が改正され、建材試験センターの海外性能評価内容証明事業がスタートし、 法改正は外断熱改修を促進し、今後大きな成長分野となってきています。上記の米国で発展した最新EIFS技術やその法的評価基準等が日本の住宅に積極導入されることが建物寿命を延ばすことに繋がります。

地盤改良・GSTC工法

土壌を汚染しない地盤改良方法

通常の地盤改良では、セメントを使用するため六価クロムという毒素で土壌が汚染されています。GSTC工法はセメントを一切使わないため、土壌を汚染することなく地盤改良を行うことができます。また、残土処理を行わないので、その分費用も抑えることができます。
10年の地盤保証がありますので、ご安心ください。

制振装置・制振ダンバー

地震から建物を守る仕組み

木造住宅の良さは「しなやかに揺れながら耐える」「柳のように力を受け流すから壊れにくい」と言われてきました。木造住宅を守っている構造材は僅かな変形から傷み始めます。ある程度の変形であれば建物はまたもとの形に戻りますが、これ以上変形が進むと木造住宅は元に戻ろうとはしますが、残留変形が残ってしまいます。
今までの住宅は、筋交いや合板を増やしたり接合部分を金物で接合し、がっちり固めた家が良しとされてきました。ただ固めた家は、頑丈そうではありますが大地震のあとのたび重なる余震で、少しずつ緩んできます。
その点制振ダンパーを装着した建物は、地震力が働くとその力をジワーと吸収して、建物を守ってくれます。そして、繰り返しの地震(余震)にたいしても何度でもダンパーが働いてくれるのです。