VOICE
お客様の声

  • #01 S様邸
  • #02 Y様邸
  • #03 T様邸
  • #04 F様邸
  • #05 A様邸
  • #06 K様邸
  • #07 FM様邸
  • #08 I様邸
  • クリスマスイベント

#05

#05 A様邸

A様邸

辛い冬の寒さに耐えたからこそ
木の暖かみを必然的に選びました

木が感じられる、
暖かい家

A夫妻は、住まいの寒さに耐えかねていた。フローリングの冷たさ、1,2Fの気温差、隙間風、ヒートショックの恐怖などを抱えていた。お子様の誕生を契機となって一戶建て住宅の購入を検討した。建売を見て回る中で「メーカーが違っても作りが似ている」「新しいはずなのに寒い家があった」という。その中でも千癒の家は、夫婦の求める「木が感じられる暖かい家」だった。また「間取りが決まっていなくて、要望を聞いてくれる」自由設計も気にいった。

父子2代の千癒の家、良さは知っていた。
だから、設計にこだわることができた

実はご主人のお父様がすでに千癒の家であったことが大きな決め手になった。すでに良さを知っていたために、設計の段階で、ご主人様からは「吹き抜け」と「リビングからお風呂場にすぐにいける」こと、奥様からは「キッチンとリビングが一体」という明確な要望をいただいた。完成後、住んでみて、冬の暖かさを実感。エアコン1台で1.2Fが温まる。夏はすぐに冷え、冷気が外に逃げない。扇風機だけでも十分。また「水回りは1か所にまとまって動きやすい」奥様の友人からは「吹き抜けの壁面にある本棚が図書館のようで好評」という。

  • #01 S様邸
  • #02 Y様邸
  • #03 T様邸
  • #04 F様邸
  • #05 A様邸
  • #06 K様邸
  • #07 FM様邸
  • #08 I様邸
  • クリスマスイベント