ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
梅雨時期
2017年6月9日( 金)

九州沖縄を皮切りに全国的に梅雨の季節に入りました。

新潟もこれからだと思いますが、ジメジメする嫌~な時期が始まります。

特に新潟は不快指数も全国平均を上回る湿地地域で、

食べ物などにも注意をしなくてはいけません。

しかし、わいけいの家はこの梅雨時期の湿気をあまり気にしません。

建物自体が呼吸する家で調湿効果がとても高く、室内がカラっとしています。

内断熱材であるセルロースファイバーが室内の湿気を吸い込みます。

自らの体積の80%近く湿気を保持してくれると言われています。

調湿効果に優れた素晴らしい断熱材料です。

そして仕上げの材料も西洋漆喰なので、これも調湿効果に優れています。

耐力壁に使う外壁下地もモイスという面材で、これまた湿気を吸ってくれます。

「でも、吸い込んだ湿気はどうなりますか?逆に心配です。」

という声も聞きますが、全然問題ありません。

家自体が呼吸をしているからです。

人が感じることができないミクロの世界で空気、水蒸気の流れがあります。

明後日は構造見学会です、是非その構造をご確認くださいね。

感謝。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。