ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
エコハウスの常識
2015年12月24日( 木)

日経新聞の記事を目にしました、皆さまにシェアします。

省エネを目指したエコハウスの常識には、実は暖房・冷房や断熱に関する様々な誤解がある。

「設備を隠す」という設計の美学に対して、省エネの観点から疑問を投げかける。

「美に用は無縁のもの。家の中で最も有用な場所はトイレである」。

こうした「レス・イズ・モア」の美学を前にしては、空調や給湯といった忌まわしい設備などに、

居場所などあろうはずもなかった。その美学が生み出す「悲劇」を見ていこう。

エアコンは醜い、されど隠すべからず 隠されやすい設備の筆頭は、かの「醜い」エアコンだ。

特に和室では、壁にガラリを設けて屋内機を押し込んでしまったケースをよく見かける(図1)。

見た目はスッキリであるが、これで暖房をすると空気は下に吹き出せず、

暖かい(軽い)空気が上に滞留するだけで、全く暖まらない(図2)。

 

図1 しばしば見られる、屋内機や屋外機を隠した例。左は壁に埋め込まれた屋内機、右はひた隠しにされた屋外機

図1  壁埋め込まれた屋内機、右はひた隠しにされた屋外機

図2 壁に埋め込まれた屋外機では、床まで温風が届かない。壁埋め込みのエアコンは真横にしか温風を吹き出せないため、暖気は天井にたまり床に届かない(左)。下向きに温風を届けるのに、エアコンは飛び出さざるを得ないのだ(右)図2 サーモカメラ撮影

暖房をきちんと行うためには、エアコンの屋内機は「飛び出さざるを得ない」のである。さらに屋外機。

これまた見栄えがせず、風も音も出すので嫌われるが、それもこれもヒートポンプが外気の熱を集めているからだ。

外気と熱をやりとりする主役。見苦しいからと囲っては、夏の排熱・冬の集熱に必要な空気の流れを

妨げてしまい、エネルギー効率が大幅に低下する。

 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ykhome/www/wp/wp-content/themes/yk/single-blog.php on line 75
Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。

この記事に関連したブログ記事