ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
普及率
2015年11月27日( 金)

ドイツ・・・60% アメリカ・・・67%

韓国・・・80%  日本・・・7%

何のことだと思いますか?これは樹脂サッシの普及率だそうです。

日本は1割以下・・・さすが世界に遅れをとっている日本の住宅産業です。

樹脂サッシは世界先進国では当たり前、日本はまだまだアルミが主流だそうです。

準防火地域の法的関係もありますが、それにしてもシェアの低さに驚きました。

何故アルミサッシが悪いのか?はご存知の通り、伝導熱が高いことです。

あの室内から見える結露は外気からの寒さがアルミを通って

瞬時に伝わり飽和点に達した水蒸気が水滴になる現象です。

湿気、結露が住宅の寿命を短くしているといっても過言ではありません。

雪国の建築屋さんは、寒さ対策の家づくりは得意としているところも多いです。

壁が凄い断熱性能の家もあります。

しかし、家で外気に面している一番弱点になってくる場所はサッシ窓になります。

この窓の性能がよくなければ、どんなに壁が素晴らしい性能でも意味がありません。

またサッシ窓だけでなく、ガラス性能もよくなくてはいけません。

そして、どうしても室内でお湯沸かしたり、ストーブを炊いたりしますので水蒸気が発生します。

その時に、建物に調湿効果が無くてはまたまた意味がありません。

いろんな意味で調湿効果が優れている住宅はこの日本の気候に適している住宅

だと、毎度のことですが、感心させられます。

安心して家族と永く暮らせるのが本当の家の姿です。

素晴らしい家を胸張ってお客さんに進めていきたいと思います。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。