ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
固定資産税
2015年9月26日( 土)

固定資産税という税金があります。

土地や家屋といった固定資産をもつ人にかかってくる税金です。

固定資産税は賦課(ふか)課税制度といって、地方公共団体が自動的に税額を計算し、

納税通知書を送ってくるということもその特徴のひとつですが、土地の価格、

建物の価値によって違いがありますので、ご自宅を査定しに納税課の担当者が

来ることになります。そこで確認した内容で税金が決まる仕組みです。

固定資産税は、固定資産を評価の上、その価格をもとに課税標準額を算定し、

税率をかけます。固定資産税の税率は、一律、課税標準額に対し、1.4%となります。

砕いて説明しますと、土地を所有していると、約60年で、その土地の価格と

同じぐらいの税金を納めることとなります。ただし、家屋を建てることで、

60%課税標準額が軽減されていますので、家を建てると固定資産税はとても少なくなります。

住宅用地の減額の概要(出典:国税庁ホームページより)
住宅用地の減額の概要(国税庁ホームページより)
しかしながら、私たちは思っている以上に税金を納めることになります。税金のことを知れば知るほど、ため息が出ますが、私たちはその制度の
中で生活しなくてはいけないので、頑張っていきましょう!

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。