ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
長岡の大花火
2014年8月3日( 日)

img_book2014

昨日から「日本三大花火」の一つである長岡の大花火大会が始まっています。

ちなみに「日本三大花火」といえば、秋田県大仙市「全国花火競技大会 大曲の花火」、

茨城県土浦市「土浦全国花火競技大会」とこの「長岡まつり大花火大会」と言われています。

名物の「正三尺玉」は、二日間で4発も上がり、信濃川に掛けられた「長生橋」の一面には、

仕掛花火の「ナイアガラ」が5色に色分けられた光彩を吹きあげます。

長岡は10年前の平成16年に中越大震災に襲われました。

死者68人を含む大きな被害に見舞われ、もう花火を打ち上げるどころではないと思われていました。

しかし、その翌年には、復興祈願の象徴として「フェニックス」と題された10号玉のワイドスターマインが

全長約2キロメートルに渡って次々と打ち上げられたのです。今でも語り草になっている伝説の花火大会です。

もともと、長岡まつりの歴史は、1945(昭和20)年8月1日の長岡空襲で亡くなられた方々の慰霊と長岡の復興

を願って開催された「長岡復興祭」が起源と言われています。

慰霊と復興、平和への祈りを込めて打ち上げられている全国でも珍しい「祈りの花火」となっています。

ですので、花火を見ると感極まることが多いと聞きます。

涙が止まらなくなる「長岡の大花火」を来年こそは現地で見たいと思います。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ykhome/www/wp/wp-content/themes/yk/single-blog.php on line 75
Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。

この記事に関連したブログ記事