ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
生涯賃貸派は老後に覚悟を
2014年6月18日( 水)

経済ニュースに興味深い記事がありました。

持ち家取得派ではなく、「賃貸派」のバラ色老後が成立するのか?

家に縛られるより、一生賃貸で「転居の自由」を楽しみたい人がいます。

若い時はいいとしても、老後はどうでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

国は住宅ローン減税などを通じて国民が持ち家を取得して老後を迎える「持ち家政策」が長年行われており、

多くの年金生活者はマイホームを得て定年退職を迎えています。

持ち家がない年金生活者だけ、家賃手当のように年金額を増額する仕組みは用意されていません。

もし家賃手当を支給した場合、持ち家を取得した人とそうでない人に不公平が生じます。

昨今の日本での年金生活者は約80%が持ち家取得者です。

子と同居する例などを考えれば、生涯賃貸派は少数であることが分かります。

しかし、現役世代の持ち家率が低下傾向にあります。

生涯賃貸派のメリットは、所得水準の変化や家族構成の変化に応じて、

ちょうどいい広さや家賃の物件に住み替え続けることできます。

年収がダウンしたときに遠くの物件や狭い物件に引っ越し、倹約することも可能です。

迷惑な隣人が現れたとき、引っ越ししてトラブルを解消することもできます。

しかし、生涯賃貸派にもデメリットもあります。バラ色の老後に向けて不安が残ることです。

「老後の家賃は国も会社も補助してくれない」わけですから、老後の家賃分を確保する必要があるわけです。

ひとまず老後を20年と仮定し、毎月6万円の部屋に暮らすとします。

家賃は年間72万円、20年では1440万円必要です。経費も加味しても1500万円突破は確実です。

老後資金で家賃だけでもこんなにかかる計算です。また長生きするリスクもあります。

持ち家なら古くても何とか住み続けることができますが、賃貸は長生きするほど多くの家賃が必要です。

「一生賃貸でいたい」と希望するなら、かなりの経済的準備が必要だと分かりました。

今後も現役世代の若手の生涯賃貸派は増えていくと思われます。

そのライフスタイルを年金生活でどう維持するかは大きなテーマです。

準備が十分でないが老後も無理なく暮らしたいのであれば「定年後は狭い部屋、安い部屋を選んで移る」

という方法が残されています。

しかし、できれば諦めや妥協ではなく納得のうえ、老後の「ついのすみか」を確保したいものです。

⇒若い世代のみなさま、あっという間に時間は過ぎます。自分たちの暮らし方、生涯のプランニングを

もう一度考える時期がきたと思います。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。