ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
名曲「生きてることが辛いなら」
2014年5月10日( 土)

森山直太郎が歌っている「生きてることが辛いなら」がラジオから流れてきました。

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい

恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り

気が付きゃみんな年とって 同じところに行くのだから

生きてることが辛いなら わめき散らして泣けばいい

その内 夜は明けちゃって 疲れて眠りに就くだろう

夜に泣くのは赤ん坊 だけって決まりはないんだし

生きてることが辛いなら 悲しみをとくと見るがいい

悲しみはいつか一片の お花みたいに咲くという

そっと伸ばした両の手で 摘み取るんじゃなく守るといい

何にもないとこから 何にもないとこへと

何にもなかったかのように 巡る生命だから

生きてることが辛いなら 嫌になるまで生きるがいい

歴史は小さなブランコで 宇宙は小さな水飲み場

生きてることが辛いなら くたばる喜びとっておけ 生きてることが辛いなら

⇒久しぶりに歌詞をじっくり噛みしめた歌でした。

聞き手によっていろんな感情が引きだされる名曲だと思います。

 

 


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ykhome/www/wp/wp-content/themes/yk/single-blog.php on line 75
Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。

この記事に関連したブログ記事