ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
6社統合で巨大量産ビルダー誕生
2013年7月28日( 日)

現在、全国トップの棟数である量産メーカーは積水ハウス。

そして最近、パワービルダー6社が統合することで、

その積水ハウスを売上高で超すという記事を読みました。

6社とは一建設、飯田産業、東栄住宅、タクトホーム、アーネストワン、アイディホーム

新潟ではあまり聞き慣れない会社ですが、首都圏では建売住宅でシェア40%近くに

なるようで、業界では結構なニュースになりました。

縮小傾向にある住宅市場での先を見た統合戦略と書いてありました。

バブル期では年間200万棟あった新築が現在80万棟に落ち込んでいます。

もう数年で50万棟を切る時代になると予想されます。

各量産メーカーの新築事業部は軒並み売り上げは減っています。

しかし会社自体の売上は上がっていると聞きます。

何故?

それはリフォームです。

それもリフォーム売上TOP10はほとんど大手量産メーカーです。

建築業の会社だけ購読できるリフォーム産業新聞にもこれからの大手は

主戦がリフォーム事業部にシフトになり、もうすぐ新築の売上を超えるという

内容ばかりです。

考えてみると、普通の家が大手メーカーにリフォームなんて頼みません、

やはりその大手で新築したお宅がターゲット。

「リフォームしましょう。我々でリフォームしないと保証が続かないです。」

とばかりに新築の住宅ローンがまだ20年以上も残っているお宅と知っていながら

また数百万円のリフォームを受注するといった仕組みです。

恐ろしい仕組みで身震いします。

来月にリフォームフェアという新潟では恒例になりつつあるイベントがあります。

主催者サイドに聞きますと、毎回過去最高の来場者を更新すると言います。

それと並行して、出店業者も増えています。

どれだけ、リフォームしなくてはいけない家が多いことか、ご察しいただける

ことでしょう。

爽やかな営業マンが「うちは地元では有名ですから大丈夫ですよ、

皆さんもリフォームしてますよ。」

今までの常識を考え直す時期にきているようにも思います。

家族を守ることが出来るのは、あなたです。

最良な判断できる知識を身にまとってください。

 

 

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。