ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
引渡し・・・お客さまの声
2012年8月11日( 土)

本日は南区H様邸のお引き渡しの日。

約半年間、お世話になりました。

打合せを始めた時は厚い積雪の覆われていた土地に、

今こうして、神様の宿る家が建っているのは感慨深いものです。

「神様の宿る家が建てたい!」

とお客さまの強い意向で、ご縁をいただきました。

プランニング、間取りを共に考えている時はとても

楽しかったことを憶えています。

ゼロ宣言という家を一軒建てる訳ですから、いろいろと苦労は

ありましたが、H様の家づくりのお手伝いができて本当によかったと思っています。

感謝の気持ちで一杯です。

そしてこの家でかわいい愛娘のあっちゃんがすくすく元気に育ち、

ご家族が幸せに暮らしてもらうことを心から祈っております。

H様とはこれからが本当のお付き合いの始まりです。

これからもよろしくお願いします。

H様からコメントをいただきました。ありがとうございました。

 

ゼロ宣言の家を選んだ理由

ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅という本を読み、日本の住宅業界の裏側、日本の住宅寿命の短さ等、記載されている内容に興味を持ち、澤田先生のセミナーに参加しました。澤田先生の話術、歯に衣着せぬ物言いで、ファンになりました。工業化製品と澤田先生の推奨する材料との比較実験等、納得できる内容でより一層ゼロ宣言の家に、惹かれて行きました。結果、澤田先生のセミナーには、3回も参加しました。また、構造見学会、完成見学会、現在住まわれているお宅での体感ツアー、10回近く参加させて頂いて、ゼロ宣言の家を見ました。他のハウスメーカーさんの展示場もいくつか回りました。一番気になったのは、匂いです。工業化製品で作った家では、独特な嫌な匂いがします。ゼロ宣言の家では、木の香りがとても良かったです。
また、実際半年位住まわれたお宅でも生活臭が無いのは驚きでした。また、生体エネルギーの入ったコンクリートと道路のアスファルト、夏場の日なたでの温度が全然違いました。アスファルトは熱くてずっと触っていられない位でしたが、生体入りコンクリートはそこまで熱くなかったのも驚きでした。
その様なことで、ゼロ宣言の家をわいけい住宅さんに建てて頂くことにしました。
ゼロ宣言の家の寿命は、住んでみて何十年と経たなければ分かりません。夏涼しく、
冬暖かい家も実際に住んでみてからの事になります。
完成までもう少しです。私の家にも、神様が宿るように願い、完成を楽しみにしています。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。