ブログ

カタログ請求こちらから
限りなく現場に近い 設計ブログ
勾配天井
2017年2月27日( 月)

最近私も好きなんです『勾配天井』

吹抜け程天井がだだっ広くならず解放感が出て空間に面白さが作れます。

ここで勾配天井の魅力をお伝えします。

 

部屋に開放感がでる

先ほども少し出ましたが勾配天井の一番のメリットは、部屋に開放感が出ることです。

同じ広さの空間でも、勾配天井だと縦に視線が抜けるので広くて開放的になるんです。

 

部屋を明るくできる

天井を勾配天井にすると、高い位置にも窓を付ける事ができるようになります。

高い窓は通常の高さの窓よりも光をたくさん取り入れるので小さくても部屋が明るくなります。

 

視線が抜ける

前項の高い位置に窓をつけてあげると、視線が外まで抜けるようになります。

しかも窓の位置が高いので、窓から見えるのは建物ではなく空が見えることがほとんどです。

リビングで寝転がりながら空を眺める。

なんて贅沢なんでしょうか。

ちょうど満月が見えた時なんかは嬉しくなります。

 

ここまで魅力だけお伝えしましたが欠点がないことはありません。

それは冷暖房の効率です。

空間が広くなればそれだけ冷暖房の効率が求められます。

家の断熱性能がしっかりしていることを大前提でご検討ください!

Profile
設計・工務
田中 俊輔
(たなか しゅんすけ)
Message

昭和58年、新潟県阿賀野市(旧安田町)生まれです。
新潟の設計事務所勤務を経て、大きな建物より温かい気持ちの詰まった住宅に特化したいと思いわいけい住宅に入社しました。
学生時代東京都の設計事務所で勉強のために働いていた以外はずっと新潟と一緒に生きてきた生粋の新潟人です。
現在はわいけい住宅で建てた家に家族4人で暮らしています。
他県より気候に特徴がある新潟は雪や雨の苦労を熟知した家づくりが必要と思います。
新潟人特有の内向的な部分はありますが大切な事はしっかり伝え良いものを造っていきます。