ブログ

カタログ請求こちらから
限りなく現場に近い 設計ブログ
遣り方のやりかた
2016年9月13日( 火)

img_1536-640x480

本日から長岡の基礎工事が始まりました。

基礎工事はいきなり土を掘ったり鉄筋を組むわけではありません。

まず木で枠を作り基準になる墨を打ちます。

それを元に基礎工事を始めていきます。

新潟では基礎屋さんが出すのですが長岡は公務店側でやるそうです。

私も以前は自分で出していたので大工と一緒に久しぶりにやりました。

最初は思い出すのに少し手間取りましたが最終的に終わってみれば

誤差はゼロで終了できました!

初心に戻って遣り方を自分で出すことで確認もしっかりでき

悪いことばかりではないなぁと再確認できました!


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/ykhome/www/wp/wp-content/themes/yk/single-blog.php on line 75
Profile
設計・工務
田中 俊輔
(たなか しゅんすけ)
Message

昭和58年、新潟県阿賀野市(旧安田町)生まれです。
新潟の設計事務所勤務を経て、大きな建物より温かい気持ちの詰まった住宅に特化したいと思いわいけい住宅に入社しました。
学生時代東京都の設計事務所で勉強のために働いていた以外はずっと新潟と一緒に生きてきた生粋の新潟人です。
現在はわいけい住宅で建てた家に家族4人で暮らしています。
他県より気候に特徴がある新潟は雪や雨の苦労を熟知した家づくりが必要と思います。
新潟人特有の内向的な部分はありますが大切な事はしっかり伝え良いものを造っていきます。

この記事に関連したブログ記事