ブログ

カタログ請求こちらから
笑顔が増える整理収納のおはなし
年末、手軽に見直せるモノ【ベスト5】
2023年11月29日( 水)

おうちの片づけを意識する季節になりました!

掃除や片づけ特集を見かけますが

同時に自分一人であれもこれもできない・・・

と焦りも感じてしまうのではないでしょうか。

 

そこで、手軽に取り組めてスッキリする!

『溜まりがちだけど短時間で整理できるモノ』をご紹介します

 

 

①紙袋

紙袋は収納グッズとしても使える優秀なもの。

そして可愛デザインもたくさんありますね。

 

なので、ついつい全部保管していませんか?

使うには小さすぎる・大きすぎるサイズの紙袋などが

溜まっていませんか?

それはこの先もきっと使いませんので

そのままずっと保管され続け、溜まり続けるだけになります。

 

 

残す数のポイントは

【自分が使うかなと思う紙袋の枚数】+予備(その5分の1くらい)

 

ここから始めてみてください。

(予備が少ないと感じる方は少し増やしてOKです)

 

 

もし、使うには微妙なサイズだけど

デザインが気に入って捨てられない・・・

そんな紙袋があるなら

『使う紙袋』とは別保管して

『自分のコレクション』として大切に保管するのもおススメです。

ちなみに私はコレクションの紙袋が10枚くらいあります。

 

 

 

その他に数が増えやすく、溜まりやすいやすいモノとして・・・

②スーパーのビニール袋

③最近履かなくなった靴下

④傷んだ(ほつれやカビ)タオル類

⑤雑巾にしようとして保管している古布

 

 

共通することは【1つ1つは小さ目】で

ついつい増えやすいけど

【増えていることに気付きにくいモノ】です。

 

 

どんなに持っていたくても

管理が追い付かず山積みになり

持っていること自体忘れてしまったり

収納に収まりきらず溢れている場合は

キャパオーバーのサインですのでご注意を

 

 

【自分が管理できて満足できる数】

を意識して数を見直してみてくださいね。

Profile
収納アドバイザー
横山 恵美
(よこやま えみ)
Message

住環境は思考、行動の基盤となり、健やかに暮らすための重要な鍵だと思っております。住宅が建てて終わりでなく、掃除や点検が必要なように、整理収納も【一度整えて終わり】ではなく、ライフステージが変わり、価値観が変われば、合う収納も変わっていきます。【生きている限り付き合うもの】です。家事をラクにして、自由な時間を増やす。家族一人一人が自分のことは自分でできるようになる。そんな環境を整えることで自分と家族の笑顔が増え、心身ともに健やかに過ごせるのではないかと思っています。住んでいる実感と、整理収納からみなさまのおうちづくりをサポートします。