ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
築80年建物解体
2021年4月17日( 土)
建替えに伴う既存建物解体を行っています。
築80年ほどの歴史ある建物でしたが、宿舎長屋だったこともあり、古材などの再利用などは皆無。。。残念でした。
一時期、ブームにもなった「古民家再生」。
建っているその場で修繕して使うケース以外にも、建物を別の場所に移動して建てる「移築」などが知られている。
弊社事務所近くの「みなとぴあ」には旧第四銀行住吉町支店が「移築」されレストラン等に利用されていることは、下町では有名な話です。
住宅ではまだ使える部材だけ選び出して再利用するやり方もあります。
戦前戦後の住宅は、新建材を使ったものはなく、ほぼ無垢材での家づくり。 
私たちが手掛けている健康住宅の原型です。
目に入るのは、木、木、木……。
壁は土壁。
窓も木製。
でも基礎は無い。。。。(汗)
古材の価値は、市場が決めるので、処分前に倉庫で眠っていた木制タンスなどをお客様に許可をいただきオークション代行してもらいましたら、思った以上の値段取引となりました。
ご家族の先祖様から続いた建物を壊し「千癒の家」を建てさせて頂きます。
ご縁に多いなる感謝を頂き、これから始まる工事に全力を傾けたいと思います。
Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

千癒の家(株)わいけい住宅代表の中山です。 家は人生で一番長く家族といる空間です。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。個性ある暮らし方にマッチした健康快適環境設計をすることでご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。

新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。