ブログ

カタログ請求こちらから
中山修のブログ
ハーブが血圧を正常化する
2019年6月17日( 月)

長岡市越後丘陵公園の初夏に盛咲になるラベンダー畑はご存知でしょうか?

国営ということもあって、管理も素晴らしく、癒しの空間で有名な大きな公園です。

 

ハーブ(ラベンダー)には人に対してどのような効果があるか?具体的なデータがあります。

 

千葉大学園芸学部の岩崎寛先生は、緑と健康をクロスさせた新たな分野で、園芸療法やアロマセラピー、森林療法などの「緑の療法的効果」に関する研究に先進的に取り組まれています。

 

先生の興味深い調査、報告があります。

 

都市公園内のラベンダー畑で、人に対する癒し効果を血圧、脈拍、唾液アラミーゼ濃度などを比較検討データがあります。

 

高血圧の人がラベンダー畑で5分間安静にすることで、最高血圧が大きく下がり、最低血圧もやや下がるとわかりました。

 

脈拍も唾液アミラーゼ濃度も減少します。

 

これはストレスフリーになっている証拠です。

 

また逆に、低血圧の人は、最高血圧、最低血圧の両方が上がることも分かりました。

 

これはどういうことか?というと、人は心地よい緑に中にいると自然とリラックスができて、自らの自然治癒が高まるという結果です。

 

やはり、自然素材の家に暮らすことは、癒しの効果があるという裏付けの一旦にもなっていると考えます。

 

 

 

 

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。