株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

[ 営業時間 ]8:30~19:00

025-228-0466

025-228-0466

MENU

株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

こんな家が建ちます

木造軸組み工法と2×4壁工法のハイブリット工法

施工事例家づくりの想い家づくりの流れお客様の声よくあるご質問

2つの工法を組み合わせた「剛構造」

わいけい住宅のつくる家の構造は、設計制限を受けずリフォームの場合にも対応しやすい在来木造軸組み工法と、耐震面に強みを持つ2×4(ツーバイフォー)壁工法という2つの工法を組み合わせた「剛構造」です。

まず土台、柱、梁で組み上げる在来木造軸組み工法でしっかりとした木造構造にした後、通常は筋交いを施工するが2×4の強さを得るため、この構造材の外側に耐力壁としてパネルを張り詰め、なおかつ必要と考えられる部分には筋交いを施工します。こうして2つの工法のそれぞれの良さを合わせることで地震に強い家の構造が完成します。さらに、安価で施工しやすいため日本の住宅の約8割の外壁に使われているサイディングやALC(軽量気泡コンクリートパネル)は、外気に影響されやすいため塗装の色落ちや表面の割れがあり、重く柔軟性がないため地震に弱いなどの理由から一切使わないと徹底しています。

このページの先頭へ