株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

[ 営業時間 ]8:30~19:00

025-228-0466

025-228-0466

MENU

株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

こんな家が建ちます

ダブル配筋+ベタ基礎工法

施工事例家づくりの想い家づくりの流れお客様の声よくあるご質問

上からの荷重と下からの突き上げの両方に対応

地震大国・日本において、安心して暮らせる家づくりには地震に対する盤石な備えが不可欠です。そこで、強固な基礎構造を実現するために採用しているのが「ダブル配筋+ベタ基礎工法」です。

ベタ基礎に使うコンクリートは、引っ張りに弱いという特徴を持つため、上からの荷重ストレスがかかるとコンクリートの下部にストレスがかかり、割れてしまいます。逆も同様に、下からの突き上げの力が働くと上部にストレスがかかって割れます。そうしたコンクリートの我に対して粘り強くするためにベタ基礎には鉄筋が入っていますが、大きな地震などのストレスがかかると1本の鉄筋だけではカバーしきれず、コンクリートは割れてしまいます。そこで、上からの荷重と下からの突き上げの両方に対応するため、ダブルで配筋。さらに耐震性を高めるため、地震や台風の際に建物が強いねじれの力を受けることから基礎には「コーナーハンチ」を施工し、耐震性を高めています。

このページの先頭へ