株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

[ 営業時間 ]8:30~19:00

025-228-0466

025-228-0466

MENU

株式会社わいけい住宅 一級建築市事務所

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

こんな家が建ちます

無垢材の屋根下地・床下地

施工事例家づくりの想い家づくりの流れお客様の声よくあるご質問

皆様の健康のために、見えないところの建材にも
とことんこだわっています

植物が変色しない「超天然乾燥装置」の名前が愛工房です。世界初、全て木を使った乾燥室(扉を除く)で、この愛工房で乾燥させた杉を「奇跡の杉」と呼びます。
一般の木材の乾燥機は通常60度(中温)から120度(高温)で乾燥させるため、水分だけでなく木材の持つ油分や腐れ、シロアリから木材を守る有効成分の大半を水と一緒に出してしまいます。乾燥を終えた木材はパサパサし、艶もなく耐久性も低くなります。

それに比べ愛工房で乾燥した杉は45℃という超低温乾燥により、杉の天然精油や酵素が生きたまま材木として使用できるので、住む人にとって森林浴と同じような効果を得ることができます。
「人間も木も同じ生き物だから、人間が気持ちよく汗をかければ、水も気持ちよいはず」というのが、愛工房の開発の原点とのこと。

わいけい住宅では、「屋根下地」や「床(畳)下地」は愛工房で乾燥した杉を使用。仕上がってしまえば目に見えなくなる所まで徹底的にこだわっています。もちろん、この低温乾燥させた愛工房の杉は、下地だけではなく、仕上げ材としても使用できます。

このページの先頭へ