お客様の声

資料請求こちらから

必要最小限のスペースを確保して自然と一体に

  • 住所
    阿賀野市
  • お客様
    TN様

わいけい住宅で設計士を務める田中さんの家は、間取りに対して部屋の体積をなるべくコンパクトに設計。
普通はできるだけ広くしたくなるものですが
「外部を遮断せず、できるだけ外の自然と室内をつなげたかった」と、
リビングと一体化したウッドデッキを設置しました。

天気のいい日は家族でひなたぼっこをしたり、洗濯物を干したりとリビングに次ぐメインスペースとなっています。
コンパクトながら天井の高さにメリハリをつけることで閉塞感はなく、むしろ冷暖房の効率も高まり掃除もラク。
やんちゃ盛りのお子さんにも目が届きやすいですね。

ウッドデッキの面した通路は、同じ敷地内にある祖父母の家も見渡せるため、
おじいちゃんやおばあちゃんが日常的に孫とコミュニケーションをとれるのもうれしいポイント。
阿賀野市という自然に恵まれた土地だけに、四季の移り変わりを肌で感じられる空間は快適そのものといえます。