お客様の声

資料請求こちらから

我が子がぐっすり眠れる快適な空間

  • 住所
    燕市
  • 家族構成
    HT様

奥さんの意見を取り入れて家事動線を重視した設計により、キッチンと食卓に加えて浴室も一階に配置。
二階へは洗濯物を干す時と寝る時だけ上がる、というライフスタイルになっています。

家族三人が集うリビングスペースは、天井が吹き抜けの解放的な空間。
白い壁と一階、二階それぞれの窓から取り入れる自然光で、ほとんど照明のいらない明るさです。
二階の吹き抜けを見下ろす通称〝フリースペース〟は、将来的にお子さんが勉強机を置いたり工作をしたり、
というシーンを想定したもの。
これだけ広い空間ながら、冬場は温水ルームヒーターを使うことなく、
夏場もエアコンをつけたのは7月に入ってからだったそうです。

「実家に帰った時、子どもがなかなか寝つかなくて、枕が変わったからかなと思っていたんですが、
子どもながらに家だとよく寝られるというようなことを言っていました。小さくても分かるものなんですね」。
子どもだからこそ、分かるのかも知れませんね。