スタッフ紹介

資料請求こちらから
代表取締役 中山 修
NAKAYAMA OSAMU
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
  • 二級建築士
  • 一級建築施工管理技士
  • 一級土木施工管理技士
  • 宅地建物取引士
  • 健康住宅アドバイザー
  • 環境アレルギーアドバイザー

1972年12月17日に新潟市で誕生。
新潟下町で建築業の3代目として生まれる。祖父の大工の弟子が開いた柔道道場に幼いころから通い、厳しい練習の元、10数年柔道人生を送る。舟栄中学校に入学し、新潟明訓高校へ進学し、柔道で新潟県代表として全国大会出場。
物心ついた時から大工達に囲まれて育ち、当然のように建築の道に進む。日本大学建築学科を卒業し、地元で就職。新潟御三家の建設会社の現場監督として公共施設やマンションなど数多くの現場を経験した。その後家業の工務店を継承し、会社代表となる。現在は新築、増改築リフォームなどの現場経験を活かし、本当の家づくりを目指して全国の工務店グループと連携をはかる。

住宅に対する想い

家とは、人生で一番長く家族といる空間です。
どんな空間で共に暮らし、夫婦、子どもたちと年を重ね、成長していくことは、とても重要だと考えています。
ご家庭の暮らしがあり、そして上質でより豊かな『暮らしを楽しむ』家には本物の住宅環境がなくてはなりません。
それが、自然素材を中心に省エネの温熱性能を考え、耐震、耐久性のある材料を使うことにつながります。
また、材料や工法がハードなら、設計や間取りはソフトです。
個性ある暮らし方にマッチした、健康快適環境設計をすることで、ご家族皆様が『暮らしを楽しみ実用的な快適な』家が実現するのです。
プロの設計と匠の技で、手間ひまを惜しまずお客さまにお届けします。
戦後、日本の家づくりは効率を優先し、メーカーの利益優先の住宅産業に変わり、60年住まうために定期的なリフォームが前提条件の家になってしまいました。
私たちは、大きな『愛』を持って、ユーザーメリットいっぱいの素敵な家をお届けすることの誓います。大きなお金を使ってマイホームをつくることになります。
大切なご家族のためにいい家を作って頂きたい!と強く願います。
未来にかかる維持管理費や光熱費などを今は見えません。
そこはとても大切な工事になるのです。

『世界基準の心地良い究極の健康住宅 』を選択することで、機械に頼り過ぎることなく、夏はカラッと快適で…常夏のハワイの大きな木陰のような快適空間で毎日の暮らしを楽しめます。
冬は、氷点下の北海道でも快適に過ごせるような、どこにいても暖かい住宅をお約束します。

厳選された自然素材に囲まれて、家族の絆を深めながら、子どものアイデンティティも高め、長持ちし、いつまでも愛される家を、一生懸命に提供させていただきます。

  • 中山 修 (なかやま おさむ)

    出身地/新潟市

    趣味/イクメン、ゴルフ、柔道、信仰心。

    こだわり/最上志向の信念をもち、 本物を提供するスピリッツで 仕事に取り組む。