制震ダンパー

VIBRATION CONTROL DAMPER

制震ダンパー

制震ダンパー

木造住宅の良さは「しなやかに揺れながら耐える」「柳のように力を受け流すから壊れにくい」と言われてきました。木造住宅を守っている構造材は僅かな変形から傷み始めます。ある程度の変形であれば建物はまたもとの形に戻りますが、これ以上変形が進むと木造住宅は元に戻ろうとはしますが、残留変形が残ってしまいます。

今までの住宅は、筋交いや合板を増やしたり接合部分を金物で接合し、がっちり固めた家が良しとされてきました。
ただ固めた家は、頑丈そうではありますが大地震のあとのたび重なる余震で、少しずつ緩んできます。

その点制振ダンパーを装着した建物は、地震力が働くとその力をジワーと吸収して、建物を守ってくれます。
そして、繰り返しの地震(余震)にたいしても何度でもダンパーが働いてくれるのです。

制震ダンパー