ベタ基礎

MAT FOUNDATION

高耐震ベタ基礎

  • 地震大国・日本において、安心して暮らせる家づくりには地震に対する盤石な備えが不可欠です。
    わいけい住宅の家は、強固な基礎構造を実現するために「高耐震ベタ基礎工法」を採用しています。

  • 高耐震ベタ基礎工法

    ベタ基礎とは建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するもので、全体の鉄筋を配してコンクリートを打設しています。

    ベタ基礎に使うコンクリートは、引っ張りに弱いという特徴を持つため、上からの荷重ストレスがかかるとコンクリートの下部にストレスがかかり、割れてしまいます。逆も同様に、下からの突き上げの力が働くと上部にストレスがかかって割れます。
    そうしたコンクリートの我に対して粘り強くするためにベタ基礎には鉄筋が入っています。大きな地震などのストレスがかかると細い鉄筋だけではカバーしきれず、コンクリートは割れてしまいます。

  • 通常よりも太い鉄筋をより細かい間隔で配筋

    そこで、上からの荷重と下からの突き上げの両方に対応するため、通常よりも太い鉄筋をより細かい間隔で配筋。

    さらに耐震性を高めるため、地震や台風の際に建物が強いねじれの力を受けることから基礎には「コーナーハンチ」を施工し、耐震性を高めています。基礎の隅には強い負荷がかかるため、コーナー部を斜めに切ってコーナーハンチ(三角)を作ることで基礎の剛性を高めるという方法です。

わいけい住宅は「安全」へのこだわりを妥協致しません。