ブログ

資料請求こちらから
中山修のブログ
ランニングコスト
2015年11月29日( 日)

雪国の工務店さんは暖かい家をつくるところは多いですが、

断熱性能があまりない断熱材を使ってパワーのある暖房設備を用いても、

その時はたしかに暖かいですが、ランニングコストはかかることになります。

セントラルヒーティングという全室24時間中で温める設備も流行っていますが、

24時間毎日使用していましたら、設備機器は機械ですから10年も経たずに壊れる

可能性が出てくることはあきらかです。またその機械取換費用が100万円ぐらいかかりますが

機械を使っている建築会社は、あまりメンテナンス費用のことは言わないことが鉄則です。

見学会や展示場で暖かいと感じて、マイホームに選んだとしても

実際に住んでみて月々の光熱費や修繕費リフォーム費がかかれば、あまりいい家とはいえないと思います。

私たちが作るクアロト断熱の家は、外気温が低くなればなるほど断熱が効いてくると言えます。

それも極力機械を頼らず、躯体性能で能力を上げていますので、コストパフォーマンスも優れています。

引き渡し後の追跡調査でお施主さまの光熱費の料金をしっかり確認しています。

暖かいや寒いというのは人によって感覚は違いますが、ランニングコストは非常に大切な項目だと思います。

これから本格的な冬です。光熱費を家計管理もしっかりしたいものです。

Profile
代表取締役
中山 修
(なかやま おさむ)
代表取締役 中山 修
Message

わいけい住宅代表の中山です。ブログを読んでいただいてありがとうございます。新潟で健康住宅No,1になるために、日々勉強しお客様に還元できるように努力しています。